高野山

大塔の鐘・高野四郎
日本で四番目に大きな鐘であったことから高野四郎と呼ばれるようになったそうです。
根本大塔
真言密教の教えを体現する象徴として建てられたので、古来、根本大塔(こんぽんだいとう)と呼んでいます。
御影堂
元々、お大師さまの持仏堂として建立されましたが、後に真如親王直筆の「弘法大師御影像」を奉安し、御影堂と名付け…
金堂
高野山御開創当時、お大師さまの手により御社に次いで最初期に建設されたお堂です。
壇上伽藍
「僧が修行する静寂の園」という意味を持つ壇上伽藍。主要な法会の行われる高野山の中心です。